健康ひとくちメモ7「風疹について」

最近、東京など大都市を中心に風疹が流行しています。

風疹は風疹ウイルスによる感染症で免疫のない人が感染すると発熱、頭痛、だるさ、鼻水などの風邪のような初期症状が出現した数日後に顔、耳のうしろなどから小さな発疹が現れて全身に拡がっていきます。
首のリンパが腫れる場合もあります。
風疹ウイスルに対する薬はなく、またこれらの症状は1週間前後で自然に消失してしまいますので怖い感染症ではありません。 風疹について
問題になるのは妊娠初期の妊婦が風疹に感染した場合に、胎児死亡や流産の他、産まれてきた赤ちゃんに聴力障害、白内障などの眼異常、発育不全など先天性風疹症候群と呼ばれる健康被害が出現しやすくなることです。
風疹は予防接種によって感染を予防しますが、法律の変更などから現在妊娠や出産の適齢期にさしかかっている女性(同年代の男性も)に予防接種を受けておられない方もおられます。
風疹に対する免疫があるかどうかは医療機関で血液検査を行うことで判ります。
免疫のないご主人が通勤途中の電車内などで風疹に感染し、これが奥さんにも感染することもあるようですので、妊娠・出産を予定される場合にはご夫婦で検査を受けられることをお勧めします。
検査の結果、十分な免疫がないことが判明した場合、風疹の予防接種を受ける必要がありますが、現在このワクチンが非常な品薄状態でいつ入荷されるかもわかりません。
予防接種を希望される方はかかりつけ医に接種可能になれば連絡をもらうように依頼しておくといいかもしれません。

2013年4月8日(文)院長:荒牧陽

あらまき院長の健康ひとくちメモお問い合わせはこちら

診療案内

診療時間

休診日:日曜日・祝日
★月・火・水・金曜日
午前9時から午後12時
午後4時から午後7時

★木・土曜日
午前9時から午後1時まで

在宅診療

診療科目

内科
糖尿病・代謝内科
循環器内科
各種健診・特定健診
予防接種

所在地

〒520-3247
滋賀県湖南市菩提寺東 3-6-22
(駐車場有)

TEL:0748-60-1306
FAX:0748-60-2702

あらまき内科クリニック地図

リンク集

あらまき ブログ
院長荒牧の写真日記

スタッフ募集