眼底検査を受けましょう!

あらまき内科クリニックは「町医者」として風邪や胃腸炎などの内科疾患全般に診察を行っていますが、なかでも糖尿病や高血圧症などの生活習慣病をメインに診療を行っています。

糖尿病がある場合、少々血糖値が高くても痛くもかゆくもありません。ではいったい糖尿病ではなにが問題になるのでしょうか? それは血糖値が高いことが長期間(通常5年以上)つづくことによってさまざまな合併症が引き起こされることです。 

糖尿病の代表的な合併症の一つに「糖尿病網膜症」があります。これは眼球の一番奥の眼底にある網膜という部分が長時間続く高血糖によってダメージを受けてしまうのです。 怖いのは知らない間にこの網膜症が進行していても末期的状態になるまでは視力にほとんど影響がでないということです。 つまりある日突然眼が見えにくくなり、眼科を受診したら末期的な糖尿病網膜症の状態で失明一歩手前ということも起こりうるのです。

そこでクリニックでは受診されている糖尿病をお持ちの方には必ず定期的な眼科での評価をお願いしていますが、ほとんどの患者さんは自覚症状がないので「きれいに見えているから大丈夫」、「眼科は混んでるからなぁ」、「忙しくて眼科に行く時間がない」などとなかなか受診できないのが現状でした。
糖尿病専門医にとって糖尿病は血糖値だけを診ていればよいのではなく、その合併症の予防、現状評価が重要な仕事なので、担当している患者さんの失明という大問題に発展しうる網膜症を把握できずにいることは非常に歯がゆい思いをします。
そこでクリニックに網膜の状態を簡単に評価できる装置を設置することにしました。 もちろん眼科で実施される精密な検査にはおよびませんし、眼科的な治療もできないのであくまでも異常の有無をチェックするスクリーニングが目的です。 これでもし少しでも異常所見があれば患者さんに眼科を受診してもらうきっかけになるのではないかと期待しています。



ちなみにこれは私の眼底をその装置で撮ってみました。 一応、今のところ異常所見はないみたいですね(笑)。

2015年7月10日(文)院長:荒牧陽

あらまき院長の健康ひとくちメモ
クイックヘルスチェックで簡単糖尿病診断
お問い合わせはこちら

診療案内

診療時間

午前診:午前9時から12時まで
午後診:午後4時から7時まで

休診日:日曜日・祝日

在宅診療
患者様からのお声

診療科目

内科
糖尿病・代謝内科
循環器内科
各種健診・特定健診
予防接種

所在地

〒520-3247
滋賀県湖南市菩提寺東 3-6-22
(駐車場有)

TEL:0748-60-1306
FAX:0748-60-2702

あらまき内科クリニック地図

リンク集

あらまき ブログ
院長荒牧の写真日記

スタッフ募集